«

12月 25

OpenGLをOpenCVで動画保存・その1

Pocket

どうも、アルパカさんです。
クリスマスですね〜。

さて、唐突ではあるんですが、「タチコマプロジェクト・その3(シミュレーションソフトウェアの製作(2))」でOpenGLを使ってアニメーションの表示を行いました。
そこで、アルパカさんは、どうにかしてうまく動いているところをお見せしたかった。
しかし、OSに付属しているキャプチャソフトを使うのもクールじゃないし、携帯のカメラで撮るなんてのは愚の骨頂パカ…

ていうかみなさんはOpenGLのアニメーションなり静止画なりはどうなさっているのか…
と調べた結果、OpenCVというライブラリを使って処理している事が多いらしいとわかりました!!
これはPythonに限らずです。(というよりむしろC++とかのほうが多いかな…)

ということで、何回かに分けてOpenCVの導入とOpenGLでの動画保存についてまとめていくパカ〜。

導入(MacOSX編)

恐らく、

だけででいけるはずです…
ただ、試行錯誤しながらだったのでもしかしたら他にも必要な物がある可能性が…

導入(Ubuntu編)

流れとしては、
ツールやライブラリを入れる -> gitか何かでOpenCVのソースを持ってくる -> コンパイル
の感じ。
MacOSXでのbrewであればこの辺はおまかせで良いのかな?

[参考資料1]を参考にして、

これでOpenCV入れる準備はおけ。
適当なとこで

してOpenCVのソースを落とし(OpenCV3のバージョンをチェックアウトし)、

んで、最後に

やってエラーでなければ(多分)大丈夫。

こっちも試行錯誤しながらだったので他に必要かも…

参考文献

[参考資料1] Adrian Rosebrock,Install OpenCV 3.0 and Python 3 on Ubuntu – PyImageSearch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">